人気ブログランキング |

礎石建物と石・塼敷遺構

 写真のように、江戸後期の公家屋敷地の中には、一辺30㎝程度の礎石が多く検出される場所があります。(写真の上部)
 ただ、それらは等間隔に配列されていません。また、礎石は残っていないのですがそれを抜き取った凹みが東西南北方向に列状に検出されます。礎石の周囲は黄色粘土ブロックを多く含んだ土壌で整地されているようにもみえます。どうやら、建て替えをともなう複数の小規模な礎石建物が重複した状態で見つかっているようです。
 また、それに付帯するように、石と塼を列状に敷いた遺構も見つかっています。(写真の中~下位)礎石建物の周囲の通路もしくは雨落溝のような施設かもしれません。何度も同じ場所に礎石建物が立て替えられ、その周囲の地面にもしつらえがあったと思われます。
この遺構群のすぐ近くで江戸時代後期の漆喰造りの導水施設(庭園関連遺構)が見つかっているので、同じように庭に付帯する建物や施設だったのかもしれません。
a0382672_15405726.jpg





by chienkan19 | 2019-11-15 15:52

前々回の記事でお伝えした、公家屋敷の庭園遺構の一つと考えられる漆喰造りの導水施設の状況がよくわかってきました。
写真の状況は、円形石組み(小さな井戸のようなもの)に導水管がとりつき、さらにその結節部には丸瓦を置いて、まさに「石組に水が注ぎこむ」ような構造となっていました。庭内に漆喰造りの浅い池や流水施設をおき、その水を最後は円形石組に落とし込む構造だったと想定されます。なかなか優雅なお庭だったのでしょう。

a0382672_09433150.jpg

by chienkan19 | 2019-11-12 09:44

土蔵の壁基礎+礫敷床?

3週間ほど、ブログ更新を怠っていました。
天明大火(1788)前後の江戸時代後期の公家屋敷敷地内の調査はすすみ、いろいろな遺構が見つかっています。
調査区の東部では、幅0.8mで直線状にのびる礫の集積がみつかり、L形に展開しています(上の写真)。
これまでの今出川キャンパスや他の京都市内の例では、こういった方形に展開する直線状の礫集積は土壁の基礎、特に土蔵の壁基礎の可能性が高いといわれています。さらに東側にも礫を敷き詰めた直線状の遺構があるので、土倉が広がるか、もう一棟の倉があった可能性もあります。

また、L形の土壁基礎の内側には、直径1cm未満の礫を薄く固く敷き詰めた礫敷が見つかっています。(下の写真)
土倉の壁に囲まれた内部の床面の一部が礫敷としつらえになっていたとも考えられます。

この地点は、今出川通から北へ15-20m程度の場所であり、今出川通りに門を構える公家屋敷の奥の部分にあたります。
敷地の奥に土蔵を配する屋敷だったとも考えられます。

a0382672_15340251.jpg

a0382672_15344483.jpg




by chienkan19 | 2019-11-01 15:36