人気ブログランキング |

今週から、調査区を拡張して2区の機械掘削を始めています。江戸時代後期、1788(天明8)年の火災整地層の上下面を検出中です。
位置は、近世絵図に見える公家屋敷の敷地の中と思われる地点です。
そこでは、下の写真のような漆喰造りの遺構が見つかっています。
断面方形の幅20-30㎝程度の漆喰の管状遺構が二又にわかれてのびています。その結節点には円形に石が並びその内側には灰色の細粒砂~シルトが堆積しています。
おそらく、水溜施設とそこから延びる(そこへつながる?)導水施設かと思われます。
今出川キャンパスでは、同志社女子大敷地内(江戸時代の二條家屋敷跡)で類似した遺構が大規模にみつかっています。京都御苑の中の迎賓館地点の公家屋敷跡でも類似遺構が見つかっています。
当調査区で見つかっている漆喰造りの遺構は、おそらく公家屋敷の中の庭に関連する施設と考えられます。
問題は時期ですが、1788年の火災焼土の上面に形成されているのか、下面なのかが見分けにくい状態です。近現代盛土を機械で除去すると、パッチワーク状に分布する焼土層とともに、この漆喰施設が姿をみせているのです。
詳細に周囲の堆積状況を確認しながら調査を進めます。
a0382672_15352267.jpg


by chienkan19 | 2019-10-08 15:37

木製枠が置かれた井戸?

現在、1工区は、第4遺構検出面の遺構掘削作業中です。15-16世紀・室町時代後半の遺物と遺構が多く見つかっています。
中には、石組みが崩れたような堆積で充填された円形土坑があり、その最下面には直線的な線状のへこみが「コ」字形にみえます。へこみには黒色粘土が埋積していました。板状の木製品だとすれば、井戸の最下層の木製枠の跡かもしれません。
a0382672_13282193.jpg

a0382672_14335412.jpg


by chienkan19 | 2019-10-01 14:35