人気ブログランキング |


しばらく、ブログ更新を怠っていました。今出川キャンパスの致遠館地点の1区の調査は、第3遺構検出面の調査をほぼ終えています。
この検出面からは、安土桃山時代~江戸時代初期の土師器・陶器類が多く出土しています。
みつかった遺構群もその時期に形成されたものと考えられます。
土坑などが多くみられるのですが、なかには石を方形に敷き詰めた遺構もあります。建物の基礎(いわゆる地業)の痕跡かともおもったのですが、形態や配列からみるとそう断言することは難しいです。
また、こぶし大の川原石を積んでつくった方形の石組がみつかりました。これは、食物などをいれる地下式貯蔵庫と思われます。中世後期~近世を中心に屋敷地・寺社境内・町家などでよくみられるものです。
a0382672_13424605.jpg
a0382672_13425529.jpg
a0382672_13430082.jpg

この地点で見つかるこういう生活遺構は、誰のものなのかという点が気になります。この調査地が江戸時代の絵図には公家屋敷とそれに隣接する武家の居住地であることはわかっているのですが、江戸時代初期以前のことは不明です。
相国寺の寺域ではありますが、門の外側で塔頭やお堂のある場所とは考えられません。
お寺の門前町として、中世終わりころから町家などができ始めているのでないかと想像されますが、定かではありません。
とはいえ、生活遺構が見つかることは、居住地をなっていたことは確かなようです。

これより、下位の遺構面は、中世の遺構が見つかるようです。絵図には載らない景観を、どうやって発掘調査で明らかにしていくか。
次なる課題です。

 


by chienkan19 | 2019-09-05 13:47 | Comments(0)